桜前線、カレー日和

マイナス600万円から始める任意整理生活@sakurakuraxxx

債務整理。弁護士と司法書士どちらがいいの?

こんばんは。桜野(さくの)です。
今回は、任意整理を依頼する時に、司法書士と弁護士とどちらがいいのか、
について、判断するポイントなどを書いていきたいと思います。

注意が必要なポイントを簡潔にいうなら、
両者のどちらを利用するか、悩んだ時にポイントとなるのは
「権限の範囲」と「料金」だと個人的には思います。


【権限の範囲】
刑事裁判や交通違反などの行政処分、離婚などの人間関係に関する事例など、
幅広く法のことを扱える弁護士の中で、借金整理を得意とする弁護士を探す必要がある、という点を留意しても、
弁護士の場合は、扱うことのできる借金額に対して、制限がありません。

反対に、司法書士の場合は140万円以下まで、という制限があります。
(借金をしている本人が訴訟を起こす場合には140万円以上でも、訴訟のアドバイス、支援をする立場に徹します、という条件のもとであれば全く扱えないということはないようですが)

実際に私の場合、1社だけ140万円を超過している会社があったため、
司法書士事務所に相談した際、その会社さんだけはその事務所では任意整理先として対応できない、と言われたことがあります。


債務整理に関わる費用】
借金整理をしようとする時、その人のお財布はすでにすっからかん、ということが多々あるでしょう。
そうした人が相談先として、費用が比較的安いとされている司法書士事務所を選ぶのはわかります。

しかし前述の通り、司法書士の方には扱える金額の制限などがあります。
また本人が訴訟するのでその支援を、となった場合は、その支援に関わる費用が発生するわけです。そうすると、結局弁護士に依頼した場合と費用がトントンになるケースも。

自己破産を前提としている場合などは
破産金額によって費用の変わる弁護士よりは司法書士に、というケースであれば費用面で得をすることもありますが……

また、司法書士に依頼する場合と比べて高いと言われている弁護士への依頼費用も、
実は分割で支払うことができる仕組みが用意されています。

私の場合も、弁護士事務所に依頼した時に、
自身の生活費と整理対象の借金の総額を照らして算出した月々の支払い可能額から、
実際に弁護士さんが和解交渉に入るまでの間に分割で払い切ることが出来ました。
弁護士費用をどうしようかと行く前は心配でしたが、なんとかなるものですね……。

ちなみに、利息率を元に借金の額を改めて引き直し計算した結果、
発生しないであろうと言われていた借金の減額が2社から行われたのですが

(世代的にグレーゾーン金利の時代に当たらない借金なので、過払金とかは期待できませんね、と最初に言われていたので驚きました。私の場合、借金の過半がリボ払い金、残りが銀行カードローンという状態だったので)

その際の減額報酬も、月々の支払い額から賄われたので、
弁護士さんに依頼してからこちら、
月々の決められた支払い額以上に費用を払う、ということはしていません。


ということで、私の経験の上では、
弁護士さんに依頼してよかったな、という所感です。

 

応援クリックお願いします!

 


債務・借金ランキングへ